販売課インタビュー

shiraki2

リクラスは、インテリアコーディネータースタッフも多数在籍しています。
今回は、その中でも札幌、東京と幅広く活躍している水田さんにコーディネーターというオシゴトとはどんなものなのかお話を聞いてみました。
水田さん宜しくお願いいたします。

水田 はい。宜しくお願いします。
--- インテリアオプションの魅力とは、どんなところにあるでしょうか。
水田 新居に合ったインテリアを探すのは、意外と時間と労力が掛かるものです。リクラスでは、インテリアをはじめ、ハウスケア商品など、お住まいに関わる数多くのアイテムを取り揃えております。
1社にまとめて頼むことで、何か所ものお店を探し回ったり、納品の立ち会いに何度も出向いたりする手間が省けます。
また、プロのインテリアコーディネーターが、お客様のライフスタイルやご要望に応じて、ご提案いたします。
--- インテリアコーディネートと聞くと、敷居が高いようにも思いますが。
水田 確かに、コーディネートというと、少しかしこまった感じに捉えられがちですが、私たちの仕事は、お客様がどんなお部屋にしたいのか、どんなことに困っているのか、などを伺い、より生活を豊かにするという視点で、アドバイスをいたします。例えば、今ある家具との組み合わせや、デッドスペースの使い方など、全体的なバランスと機能性を考えるのは、なかなか難しいことです。
インテリアコーディネーターは、インテリアの色、素材、デザインをバランスよく整えながら、ライフスタイルに合わせたご新居の提案をするプロです。ちょっとしたことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

--- 水田さんは、マンション等のモデルルームデザインもされているそうですね。
こだわりのある部分をお聞かせください。
水田 モデルルームは暮らしを創造するためのデザイン表現の一つであり、物件購入の決め手ともなります。第一にコンセプトづくりを大切にしております。
インテリアイメージだけではなく、物件コンセプト、立地、周辺環境、間取りを考慮し、どんなお客様が住まわれるのかを想定しながら、モデルルームのコンセプトを決めていきます。
そして、そのコンセプトに基づいて、カラーセレクト、レイアウト、デザインをプランニングします。物件クオリティや空間の広がりを大切にし、プロの視点を意識した、ご提案をしております。
--- 最後に、お客様に対してメッセージなどあれば。
水田 『衣・食・住』は生活の基礎です。お家で過ごす時間は多く、人生においても、とても大切な時間だと思います。
好きな服を着る、おいしいものを食べることと同じように、素敵なインテリア空間、快適なお部屋で暮らす毎日は、人生を豊かにしてくれます。
私たちは、皆様のより快適で豊かな暮らしのご提案をさせていただいております。
shiraki7

営業部販売課課長
水田 ちぐさ
資格:インテリアコーディネーター・ライフスタイルプランナー
■略歴■
平成19年町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミーを卒業後、リクラスに入社。
札幌でお客様へのコーディネート提案を行うかたわら、東京を中心としたモデルルームコーディネートも手がけています。

Top